MENU

ゲームレポート

西宮ストークス vs 京都ハンナリーズ

開催場所 さいたまスーパーアリーナ コミッショナー
試合区分 男子準々決勝 主審 加藤 誉樹
開催期日 2018年01月04日(木) 副審 平出 剛、堀内 純
開始時間/終了時間 12:01 / 13:42
開催場所 さいたまスーパーアリーナ
コミッショナー
試合区分 男子準々決勝
主審 加藤 誉樹
開催期日 2018年01月04日(木)
副審 平出 剛、堀内 純
開始時間/終了時間 12:01 / 13:42

ゲームレポート

西宮ストークス72 72 16 1st 25 95 京都ハンナリーズ95
13 2nd 33
27 3rd 29
16 4th 8

第93回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会ファイナルラウンド第1戦、西宮ストークスと京都ハンナリーズの準々決勝。序盤、重い立ち上がりとなった西宮に対し、京都は#3伊藤のゲームメイクから内外バランス良く得点し、リードを得る。試合が動いたのは第2ピリオド。西宮は#27石塚や#9谷が奮闘するも、京都は的を絞らせない3Pシュート攻勢でリズムをつかみ、29点のリードを得て前半を終える。第3ピリオド、内外問わず得点を重ね、安定したプレイを見せる京都に対し、西宮はなかなか立て直せず大きなビハインドを背負ったまま苦しい時間が続く。第4ピリオド、一矢報いたい西宮は#13道原や#27石塚が粘りを見せるも、着実に得点を重ねる京都を最後まで崩せず、京都が95-72で準決勝進出を決めた。

第1ピリオド、序盤、京都は#7晴山が先制すると、その後はインサイドを起点にゲームを組み立てる。対する西宮は、#13道原がドライブで得点するも後が続かず、重い立ち上がりに。中盤以降、京都は#3伊藤の3Pシュートや#43永吉のポストプレイなどで加点。一方の西宮は#9谷が連続得点するもチームファウルがかさみ、相手にフリースローを与えてしまい、25-16と京都が9点のリードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、序盤、京都は#9綿貫と#33内海が3Pシュートを決めてリードを二桁に。追いかける西宮は#27石塚や#9谷がジャンプシュートやドライブで得点するも、京都#32マブンガ、#21ローレンスも立て続けに3Pシュートで応戦、リードを16点まで広げる。終盤も京都#33内海や#12岡田の3Pシュートが決まり、リードを58-29に広げる。京都が大きく優位に立って試合を折り返した。

第3ピリオド、京都は前半同様に高確率なアウトサイドシュートや体格差で有利なインサイドで得点を重ねるなど、安定感のあるプレイを見せ、終盤はプレイタイムをシェアする余裕を見せる。一方の西宮は大きくビハインドを背負う中、#13道原の3Pシュートや#19梁川のドライブなどで加点するも相手の堅守を前に思うように得点できず、リズムに乗り切れないまま試合は進む。56-87。京都が87-56とリードを広げ、第3ピリオド終了。

第4ピリオド、開始早々、京都は#21ローレンスのアリウープダンクが炸裂。さらに#3伊藤の魅せるドライブやスクリーンプレイなど、攻撃の手を緩めない。一矢報いたい西宮は、#27石塚や#10坂井がペイントエリアで粘って得点につなげ、外からは#13道原が加点し最後まで奮闘するも、開いた点差は大きく、そのままタイムアップ。京都が95-72で西宮を下し、準決勝へと駒を進めた。

page top